国際結婚 中国女性と結婚してからのご注意点

  1. ホーム
  2. 国際結婚 ご注意点について
国際結婚中国結婚中国日本マリッジパートナー

国際結婚 中国|ご注意点について

これは実際に有りました実例でございます個人の特定できる部分や名前は厳重に伏せて有りますのでご心配には及びません個人情報保護に基づいての文書で御座います。

国際結婚 中国 注意点(ご主人編)

中国でご結婚されて奥様の入国ビザを待っている(約2ヶ月)男性会員様に対してのメールによるアドバイスで御座います。
ご結婚後日本に花嫁が来るまでの期間(花嫁は仕事を辞め日本語学校に通います)その間2~4か月間の生活費をあげたいがどのくらいあげれば良いのか」と質問があり、それに対して多田からの返信メールです。

結婚image

○○ 様
日本マリッジパートナーの多田でございます昨日のメールによるご質問に対してのお答ですが
本来は必要無いのですが花嫁のために何かしてあげたいお気持ちは理解できます。
もしどうしてもと言うのであれば必要最小限で良いと思います。
生活費は10万で良いです。
(4ヶ月分)
初めからお金はあまり出さないようにして下さい。

本来は昨日の私からのアドバイス内容で充分です日本人と違い遠慮は致しません、悪気はないですそれが一般的な考え方のお国がらです。
お金はケチるのでは無く「大事なところは出す」が「余分には出さない」を知らせる事も大切です!お金では愛情は買えません。

始めが肝心です!
お金に甘いと思えばいくらでも悪げなく言ってきます。
ですから初めからあまり大判振る舞い禁物です!

中国人全員とは言いませんが(個人差はあります)日本のように 細やかな道徳教育を受けていません、中国女性にかぎらず現代の日本女性も20~30代は道徳的感覚が薄れているように、ようするに国は違えども同じなのです 。
女性は男性とは違う生き物です(偏見ではなく)結婚後のトラブルもこの辺から意見の(価値観)くいちがいで夫婦喧嘩になります。
女性は男とちがい嫉妬深く感情的で他人と比較したがります見栄っ張りです。

初めにキチット「俺はこいゆう男だよ!」をやさしく分かりやすく教えなければいけません。

初め女性は男性を観察します、この時が大切です、初めであれば素直に受け入れますしあとあとも理解が早く楽です!

ただあまりケチでは嫌われます「出すときは出す、出さない時は出さない」 メリハリが必要です。

女性は幾つになっても(子供がいても)女性です男性に甘えたがります。
あと一番大切な事は「妻に愛される事、好きに成ってもらうこと」が大切です、人間的に!(お金や品物プレゼントでは無く)
それが有れば多少喧嘩してもすぐに仲直りできます。

男が妻に惚れすぎはあまり良くないです(惚れる程度)
「私に惚れてると思うと 」我ままを言いだしますよ。
多少はかわいいですが度が過ぎるとめんどうです。
まだまだ沢山有りますが、あとは○○様が勉強していって下さい
「女性は面倒な生物」です、だから可愛いのです。

だから世界中の旦那様達はそれを幸せと感じているのです。
(私も独身生活が長かったので初めは苦戦しました)

妻をうまくコントロールするのも男の甲斐性ですよ!

皆そうやってます。めんどうがらずに、 懲りずにが大切です。
これから結婚する人になぜこのような事を書き連ねたかは・・・

「夫婦円満は男性しだい」と言うことを言いたかったのです


あと少しアドバイスですが 今回は彼女と○○様にとって大切なセレモニー(思い出に残る)です服装は爽やかな色合い(明るいグレー)のスーツにピンク色のネクタイなどが良いですね(地味はよくありません)渋いとか詫びさびは中国人には通用しません 少し派手ぎみで丁度いいと思います。靴はかかとが少し高めにしてください。
ウエディングドレスのとき女性はハイヒールを履きますので計算にいれて下さい。

床屋さんに行って下さいね、ワイシャツは白が無難で良いと思います。
(2,3枚用意) 爪、下着、鬚、清潔感が大切です。
ここで一気に惚れさせる事です! 私もそうしました。

あと今回はご両親もご一緒ですのでご注意事項!!
特にお母さんとあまり必要以上に仲良くしない事 女性が嫉妬します(私の経験でのアドバイス)
今回は2人が主役です!
主人は妻を一番気づかう事を忘れずに ご両親にもくれぐれもその辺を今から言っておいて下さい。

生意気申し上げましたが結婚後も踏まえ「末長い夫婦円満のために」の思いを込めた一心からでございます。

幸せ
結婚は国際結婚申し込みから
国際結婚中国結婚申し込み

個人情報の保護方針について

               

国際結婚 中国 注意点(家族編)

これは実在の国際結婚される家族(ご両親同居)あてに多田が送った手紙でございます
実在の名前等、個人情報は一切伏せてありご了解済みで御座いますのでご心配には及びません。

○ ○ 様
この度はご結婚おめでとうございます。

私ども日本マリッジパートナーではご結婚の仲介業務を主としておりますがただ無事にご結婚を仲介させて頂き業務終了では無いと考えております。

「末永く円満に夫婦生活」が出来てはじめて結婚仲介させて頂いた事の意義があります(当社ポリシー) 充分にご理解頂いている事も多々有るかとは思いますが私どものポリシーでございますので今一度ご確認と思いご一読願います。

「花嫁を迎えるにあたり(ご主人、ご家族)の心構え このたびの花嫁は外国人(中国)でございます今や国際結婚は全結婚総数の一割弱までのびております。

これには理由が有ります、ご存じのように日本人女性の晩婚化が大きな原因と言われております。 現代の女性(世界的に)は自分の理想を高く持ちけっして妥協いたしません 現代教育では男女同権、雇用均等、等が主流としてあります。
現在40代後半以降の男性やそのご両親の年代の方にはなかなか理解できない事が当たり前の時代です。

現代女性は自分の意思や理想を持ちまたその意志を主張致します。
日本女性はそれらの理由で結婚を急ぎません、今ニュースにもなっておりますが昔から男女同権レディーファーストが浸透した外国人男性との国際結婚をする又は考えている女性が急増しているそうです特に家族同居は今や一番と言っても過言ではないぐらいに敬遠致します。

これは上記にもあります自分の意思主張が出来ないと考えて又は「嫁、姑」女性同士「チョットした誤解から戦闘状態突入」の難しさを知っているからです誰にも遠慮せず自由に夫婦二人だけで生活したいと考えております。 益々日本男性の結婚が遠いものとなって行きます。 だからと言って妥協して中国女性と結婚するわけではありません。

今や世界でも1~2位の経済大国になろうと高度成長のさなかでございます貧しくてしかたなく日本人と結婚するのではありません。 ご両親の年代 私も50を目の前にしてから現在の妻(中国女性)と結婚致しました、正直多少の偏見を持っておりましたのは事実です、其のおかげで結婚当初かなり苦戦致しました、そして「妻の心を傷つけてしまいました」本当に反省しております。 現在の中国は先ほど申し上げましたように超高度成長期にあります成長期特有の収入(生活力)格差がだんだん大きくなっております。 しかも人口13億人(海外を含めると15億人)です世界人口60億人ですから4人に1人は中国人なのです。

それだけの大国ですから近い将来10年後位には日本を完全に抜き去りアメリカに次いで世界第二位の経済大国になると経済評論家が申しておりました。

本来はもっと早くにこのように成ってしかるべきでしたが「毛沢東の文化大革命、空白の10年」現在の中国では完全に国民をどん底に陥れた悪行と報じられております。(経済的に30年の遅れ)しかし対外国人には面子がありますので自分から言う事はありません(現実にまだ共産党独裁政権)ですしあえて言う事はありません。

貧しかった時代も確かに有りましたが国民の責任ではありません政治の責任ですこのへんを理解してあげてください今はその反動でものすごい勢いで成長しております。

「ここでもう一度言っておきます」 戦後70年以上たった今中国は貧しい国ではありません。
上記に有りますように国民(花嫁)は「伸びゆく中国」に希望と期待を持っております。
これらの理由で中国女性と日本人男性の結婚も減少している事は事実です(現在はベトナムやタイ)が主流になりつつ有ります。数年後には嫁に来る中国女性はいなくなる予想でございます。
長々と前文を書き連ねましたが大切な所なのであえて書かせていただきました。

ここからは具体的に箇条書きで注意事項を私の実体験からお話いたします。

花嫁は外国人です、生まれてから今まで我々の国、日本とは違う生活習慣で育っております。
日本に来るのだから日本の習慣に従うのが当たり前と思ってはいけません なぜならご自分を相手の立場に置き換えてみてください。 急にそのように思い要望されると真面目な人ほど慣れない生活にストレスを覚えるものです(時間が解決します)焦らずに常に相手の立場になり少こしづつ日本の習慣を教えてあげて下さい花嫁は敵ではありません大切な家族です。

言葉が通じない意思の疎通ができない 日本に来るのに日本語勉強してないの? 彼女は婚約後から日本語学校で勉強します、しかしご自分を相手の立場に置き換えてください
初めての外国語を数か月猛勉強してどれだけ会話、意志の疎通ができるまで話せるようになるか。
早口や(方言)で話されるとまったく理解できないと思いませんか(日本語学校では文法から習います、すべて標準語) 言葉や意志の疎通は時間が解決いたします。

少こしづつ初めは筆談(中国は漢字の国)や手真似でなんとかなります、けっして短気に言い放つ事はやめて下ださい言葉がわからなくても(多少は理解してる)顔に出したり、強い口調やアクセントで感じてしまうものです、相手の立場になって下さい必ず時間が解決いたします。

●家事や買い物 掃除の仕方ひとつ生活習慣の違いがあります、中国では人並に出来ていたことが緊張と新しい物や使い慣れない機械(電気製品)などで戸惑いが有ります 我々日本で生まれ育った状況と違うわけですから、やさしく教えれば直ぐに覚えます、常に相手の立場で考えてあげて下さい。時間が解決いたします 買い物も貨幣価値(物価の違い)やお店のシステムが中国と多少違いがあります、なるべく一緒にスーパー等に行きただ買い物を済ませるのではなく品物や お店の使い方やシステムを教えてあげて下さい。

若旦那様の事はなるべく花嫁にさせる 母親として今まで若旦那様に行ってきた事を妻にバトンタッチしてください。 同居の場合これが大切です、ついいつものように母親が妻の前で若旦那様の世話をしてしまうのは一番良くないです! はじめは自分でやったほうが早いのでやりがちです。(注意)ただし最初にやり方を教えてあげて下さい。

●共同生活 同居は共同生活ですお互いに気を使うものです(ルールがあれば気が楽です) はじめに家族である程度日常的なことはルールを作る事が望ましいです。

たとえば食事の支度は何時から始めるのか

買い物は何時ごろ行くのか、何曜日に行くのか

食事は何時から食べるのか

座る場所

掃除は何時からするのか何処をするのか

お風呂はいつ焚くのか

朝は何時に起きて朝食を作るのか

朝食は何時に食べるのか

自由時間はいつか

お風呂に入る順番など思い当たることを並べてみました他にも有ると思います 一緒に考えて家族で決めて下さい。

*すべては初めて日本に来る花嫁とうまくやってゆく為のアドバイスです初めは思いやりを持ち行って下さいものの数か月の事です広い心を持ちこれもすべて夫婦円満のためになることです「甘やかせ」とは言いません。
異国で頼れるのは家族だけです! 家族同居とはこれぐらい大変なことなのです。

最後になりますが
「相手の立場に置き換えて考える」
「時間が解決する」
「やさしく教える」
「若旦那様の世話は嫁に」
「偏見は持たない」
「ルールを作る」

「中国には日本のあうんの呼吸やわびさびの世界はないです」
日本人独特な思考あいまいな言葉や回りくどい言い方は理解できず誤解のもとです ストレートに物を考え行動します(日本以外の国々はほとんどそうです)

夫婦二人だけの時間を沢山作ってあげて下さい

夫婦の事は感傷しない

以上で御座います生意気な文面も多々有ったかとは思います又乱筆乱文ですが、これもすべては夫婦末永く円満のためを思い作成致しました。
 

運営者:seiji tada 静岡県浜松市中区佐鳴台4丁目3-8 電話053-523-6007携帯090-1703-8123
迷惑電話はしない
国際結婚中国結婚申し込み
国際結婚中国結婚 中国 一覧

個人情報の保護方針について

電話番号
戻る 最上部へ